スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超のんだ。

木曜日~土曜日で飲んだもの。メモ的な。

続きを読む »

スポンサーサイト

寝落ちその2

いやぁ…

なんていうかね。

寝落ちというわけではないと思うんですが…

ご飯食べて風呂入って、ちょっと休んで気がついたら3時間以上余裕で経っていたという…

ゴメンナサイ教官。
この埋め合わせは身体で…

続きを読む »

うむ。

一日1マミさん。


続きを読む »

ひさしぶりに・・・

アンプを開けました。

なぜなら、パワーアンプの電源ランプが他のアンプを起動してパワーアンプはスイッチ切っている状態でもわずかに光っていたからです。
一言で言ってしまうと異常なのですが、直流漏れや電圧漏れはありませんでしたので一安心。

しかし、原因が分からない…
いろんなところをテスターで確認してましたが、いまひとつはっきりせず。

ランプの故障なのか?

と思い始めた矢先に気がつきました。
パワーアンプの電源部のデカップリングコンデンサ(?)がひとつだけ、ちょっと膨らんでる。
耐圧は50Vの1000μFです。
電圧で膨らんでるとは思えません。すると、逆電圧でもかかってたのでしょうか…
反対側はまったく問題なし。
とりあえず、交換してみようと在庫を見てみたところ、ひとつもなし。
MUSE-KZでしたが、どうしたものでしょう。
FXの25V-1000μFならあったのですが、それをするなら4つともはずして、交換になります。

悩んでいると、一つ気がついたことが。
電解コンデンサのみで、並列にフィルムコンが入っていないのです。
どういうつもりで入れなかったのかナゾでしたが、とりあえず在庫から0.1μFのフィルムコン4つを取り出し、設置しました。

直流漏れや接続を確認して、音を出してみます。

…おお?

スピード感が心なしか増した気がします。
日曜の昼という状況のせいかもしれませんが。
音がよりクリアに聞こえてきますし、いい感じです。

すこしふくらみつつあったコンデンサはそのままですが、とりあえずは良しとしましょう。買ってくるまで。

本当、回路や電気の知識がまともにない状態で作ってるのでいろんなことがおきますw
これもまた、自作工作の楽しみですね!

コロニーGBR

ミッション3つ…

でもこれ

長すぎませんか!?
一つのミッションが。

アレですよ。
ほら、ソロ自体は難しいわけじゃないです。
ジャスナガンも、キャリガインもディルナズンも、一体一体がそれほど「強い」わけではありませんからね。

でも、こいつらが同時湧きすると面倒なことこの上ない。
無印ならまぁ、それでも何とでもなるのです。
でもここに強化マークが来るととたんに…
さすがに、ディルナズンの衝撃波、強化のやつはふっとびますので。
ころころころころ・・・

なかなか倒せませんね。

うぅむ、どうしたものか。
あと、全体的にSEEDフォームは回避が高い。
0が半分くらい出てる気がします。
すくなくとも1/3はでてる!
正直、ジャブが必中じゃなくなって痛かったのってfFですよね;;
FMはトラップあるもん。
命中もちょっと高いし。

まぁいいや。
そう。
SEEDの胎動S3。
やってみたら35分かかったw
慣れても30分キリが限界かなぁ。
NBのつかいどころが難しくて。
むしろあれかもね。大型はPAで戦ったほうがはやそうね。

以下、私流の大型?対処法です。(つまり、駄文)

続きを読む »

DS30逃した。

報酬期間その2ですね。

さて、強化してます。
ムグンブルガ46%2本のうち、1本が無事10/10になりました。
1本は大破したので0/9で店に置いてます。相場がわからず適当価格。

結局、10/10にできたのは…

Sランク
ムグンブルガ 光46%
トライデントクラッシャー 土44%
ロケットパンチ 火45%
同       雷43%
同       光50%
シップウジンライ 火38%
ライアアックス 火42%

Aランク
H10ミズーリ(ハンドガン)


総リペア回数 1回

AランクはGCとか足りなくなったのでやめました。
でも40%以上のはだいたい3/10にはしてあります。

うん、槍とか斧とか、攻撃力の高いところが大体成功したのでよかったかな。
シジンがないので廃な方々には到底敵いませんが、それなりの装備はととのったってところでしょうか~

ダルウィニー15年

ダメ舌の飲酒記録も少しずつたまってきましたかね。

そんなわけで…
ダルウィニー15年です。

写真は、撮りわすれました。今から撮れ?めんどくさいですね。

さて、ダルウィニーですが、多くのシングルモルトに12年ものが多い中、こちらは15年がスタンダードなのでしょうか。
平行輸入品で3000円前後、正規品で5,000円前後のボトルですね。
円高還元セールとやらで某酒屋の独自輸入品(平行ではなく、酒屋が定温コンテナで輸送してるっぽい?)でしたが、2980円でした。
セールがなければこれより2000円弱ほど高いようなので、お買い得でした。

さて、箱を開けると…
ほわぁっと。

あれ?なんで香りがする?w

金属のカバーをむいて納得でした。
ちょっともれてるw

どうやら、栓がコルクなのですが、引っ張り出すときに倒したときでしょうか、ちょっともれたみたいですね。
ひどいほどでもなく、液面は正常でした。
まぁ、気圧差とかもあるのでしょうか。

劣化はしてませんでしたので一安心です。

さて…

続きを読む »

白州ヘビリーピーテッド2010

白州ヘビリーピーテッド2010


シングルモルトウイスキー白州ヘビリーピーテッド 通販



実はかなり前に開封済みだったのですが、いまごろ書いてみる。

公式には…
『「白州ヘビリーピーテッド2010」は、ピートの煙を強めにあてて乾燥させた“ヘビリーピーテッド麦芽”を使用したスモーキータイプのシングルモルトウイスキーです。木桶でじっくりと発酵させたのち直火蒸溜釜で丁寧に蒸溜したうえで、アメリカンホワイトオークのバーボン樽に満たし熟成させました。白州モルトならではの、さわやかな若葉やバニラを想わせる香りと繊細かつ甘やかでスモーキーな味わいが印象的です。口に含むと、スモーキーさとふっくらとした甘さが調和し、心地よい余韻が長く続きます。』

とあります。
箱に入っているテイスティングノートには
色:明るい黄金色
香り:バニラ、洋ナシ、燻製、ミルクキャラメル
味わい:スモーキー、ふっくらとした甘み
余韻:柔らかなスモーキー、心地よく伸びる

と書いてありました。
本来は2009年(だったか?)にリリースされた限定品だったのですが、
ISC2010、IWSC2010において金賞を受賞したことを記念に再販されましたのがこちら。
2010というとおり、中身は厳密には同じではないのでしょうね。
同じ味わいになるようにヴァッディングしたものでしょう。角や響などのブレンデッドはもちろん、山崎や白州といったオフィシャルシングルモルトも、同じ原酒から作り出され続けているわけではありません。

つくづく思う。
異なる原酒から安定した酒質を作り出す、ブレンダーってすごい。まさに職人芸。

閑話休題。

私、バーにて2009年版を飲んで気に入ったものの既に入手が難しくなっていた(ヤフオクではまだまだありました)折の再販の知らせ。
2000本限定ということもあり、二本確保した次第です。

そのうちの一本が猛すぐなくなるので、記念に記事にしてみました。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。