スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・マルニエ

グラン・マルニエ コルドンルージュ
公式サイト←年齢認証として、生まれ年が要求されます。
公式サイトかっけぇ!

と、まぁ置いておきまして。
現物の写真がない。
とればいいんですけどね。
ミニチュアじゃなぁ。
簡単に概要をば。

有名なリキュールですね。
いわゆる、「オレンジキュラソー」に該当するお酒です。
製菓用としても有名、というかこちらでの知名度の方が高いかもしれませんね。
コアントローグランマルニエ
オレンジキュラソーの双璧ではないでしょうか。

グランマルニエ自体にはシリーズがあって、チェリー・マルニエなんてのもありますね。
日本だと一般的にはオレンジのやつしか見当たりません。※ディスカウントでない酒屋除く。

生産国:フランス
度数:40度
ベース:ブランデー
味:果実系
甘味:強い
香:強い
値段:安め。ただし、オレンジキュラソーとしては高め?味は並ぶものなし。グランマルニエはグランマルニエ。
よく使われるカクテル:あまり聞きません。だけれども、サイドカーにこれが入るとすご~~~~~くうまいです。

これ以上は続きにて。
さて、度数40度なんて強いお酒です。
製造方法を調べてみました。

・オレンジの白い部分を含まない皮を3週間ブランデーに浸す。
・それを蒸留し、スピリッツを作る。
・ブランデーとシロップ・エキスなどをブレンド。
・樽で熟成

大雑把こんな感じらしいですね。製作者でないので真偽不明。
んでもこの製法みて思いました。

・スピリッツと、エキスやほかの酒を混ぜる。そしてなじませる。
熟成というステップは入りますが、ようするにこれ、グランマルニエ単体で一つのカクテルだったのですね。

さて、味ですが、濃厚、の一言に尽きます。
酒として、度数を感じさせないまろやかさ。これは糖分によるものかもしれません。
とろっとしてます。
苦味と甘味を感じます。
たとえるなら、上等なオレンジピールのチョコレート。
ただし、油っぽさはなく、鼻に抜けるフレッシュな風味。

あまりストレートで飲みませんでしたが、これはうまい。
ただ同時に、甘い。甘すぎる。
つまみには塩っ気がいいですね。
飲み方としてはストレートよりもロックがいいでしょう。甘いので。
また、トニックウォーターやソーダで割っても美味しそうです。

リキュールとしてバランスがすごくいいので、単体でもいいのですが…
カクテルでも大活躍!
サイドカーにはよくコアントローが使用されますが、こちらも使用してもらうと味に円やかさとコクが加わってとても美味しくなります。
他にもメインではなくても使用されているカクテル自体は少なくないですね。
味がしっかりしているので、メインじゃなくても活躍できるのでしょう。

そして、ご家庭で簡単にできるカクテルがあります。
紅茶にお好みの量入れてみましょう。アイスでもホットでも。
アールグレイとか相性がとてもいいですね。
これ、うまいです。おすすめです。

ボトルもかわいらしく、かっこいい。
グラン・マルニエ コルドンルージュ。

癒された日曜の昼でした。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。