スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢2000

軽井沢2000

軽井沢2000
ほぼOB(ナンバーワン) BarShow2013(WhiskyLive)記念ボトル 熟成年数:12年

蒸留年:2000年
瓶詰年:2013年
樽番号:7603
樽:シェリー・バット
度数:62.4%
地域:日本
残量:1割程度

ストレートで試しました。

色:焦げ茶色
香:ミルクチョコレート、トースト、大豆、若干の炊き立てごはん。全体として強く香る。
味:ドライイチジク、レーズン、チョコ、スパイス、メープルシロップ、焼きたてのパンケーキ。
余韻:ドライフルーツ多めのチョコレートケーキ、香ばしさ

開封直後はアルコールも強く、非常に力強い印象でした。味の傾向は同じなのですが、非常にアピールしてくるというか。
ボトル半分程度から、かなり落ち着いてきましたね。
おそらく、アルコールがいくらか飛んだのでしょう。

非常においしいボトルだと思います。
販売金額は9000円ほどだったかな。
CPもよかったんじゃないでしょうか。
濃厚なシェリーなのですが、レーズンっぽさはそれほど強いわけではなく、むしろイチジクや焦げ感が味としては全面なように思えます。
余韻も長く、ゴムっぽさはないです。
どっしりシェリーですね。
少なくとも、軽い印象は受けません。
チョコとも合わせてみたのですが、そこそこ、と言った程度。

すごく合ったのは、ドライフルーツの塩みかん。
みかんの甘味と酸味がよかったのかな。
偶然、某酒屋チェーンで見かけて購入してあったのですが、これがまた合う。
他、塩羊羹なんかも合いました。
こちらも300円程度で1本購入したお値打ち品。
ジャパニーズは羊羹とけっこう合う気がします。

加水にもかなり強く、ハイボールにしてみたところさっぱりとしつつ非常にコクのある美味しいハイボールになりました。
性格はかわらないままに、飲みやすく、それでいて薄味にもならない感じ。
もしかして、ハイボールでさらに輝く!?



開封直後、開封しばらく後、両方違った感じで美味しいボトルでした。



スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。